保険を使って修理するなら

修理

特約の有無を確認しよう

状況によって異なりますが、火災保険には水漏れを対象とした場合もある為、事前に加入している保険内容を確認してください。保険の内容によっては修理代金が全て保険によって賄われる可能性がある為、証書やつけている特約をも確認しましょう。費用や修理内容をチェックしてから特約に該当するかどうか、前もって保険会社に相談して修理を依頼することで節約になります。修理を依頼するときには、業者に保険適用の可能性があることを伝えておくことで、修理完了後の請求先を変えてくれるでしょう。水漏れで保険適用する場合、特約が付いていなければ補償されませんが、集合住宅の場合には強制加入している可能性があります。このため、水漏れが発生した場合、集合住宅であれば不動産業者に相談し、保険が利くかどうか確認してください。保険が適用される場合、修理業者も出入りの業者がいる可能性が高い為、自分で呼ぶのではなく、不動産業者に連絡してもらいましょう。一戸建ての場合には、わからない場合契約している保険業者に連絡し、内容をチェックしてから修理を依頼すると納得できるといいます。直す業者によっては保険会社との対応になれている可能性が高い為、事前に保険での支払いに関して確認してください。単純な水漏れとはいっても被害が甚大である場合には、大掛かりな修理が必要となることが多いといわれています。このため、保険を使って修理を行えるか、事前に保険証書を見て確認する事で、家計へ負担を軽減できる可能性が高いでしょう。

Copyright© 2018 トラブルの元になる水漏れ!気付いたら早めに専門業者に修理を依頼 All Rights Reserved.